プロフィール


夢和(ユメカズ) 

 

 

12歳の時、家にあったギターを弾き始める。

 

 

(ヤマハFG-150。懸賞マニアだった 母親が某メーカーの袋ラーメンのマークを送ってゲットしたという奇跡のギター!これがなければ多分ギターを弾くことはなかったかも知れない。人生の分かれ道!)

 

 

きっかけはテレビでたまたま見た吉幾三氏が弾き語りをしていた「俺は絶対プレスリー」がどーしても弾きたくて(というか笑いを取りたくて・・・)

 

 

 

吉幾三氏を入り口にソロ・ギターにたどりついたギタリストは日本広しといえど、おそらく僕だけかと。もし他にいたら教えて下さい(いないか...)

 

 

 

吉田拓郎、かぐや姫、さだまさし、アリス、ふきのとう等、日本のフォークソングに夢中になり、日々コピーしまくる。

 

 

 

18歳の頃聴いたウィル・アッカーマンに衝撃を受けソロ・ギターに傾倒し始める。来日コンサートを見て 更にのめり込む。

 

 

 

22歳の頃よりオリジナル曲を作り始める。この頃より、今は無きすすき野のライヴハウス「パフ」でライヴを始める。 ここでシンガーソングライターのペータ氏と出会い、後にペータ氏から元ふきのとうの山木康世氏を紹介して頂く。(ペータ氏とはその後、東京時代も含めて7年間一緒に活動させて頂く事になる。 )

 

 

 

前年に上京したペータ氏の後を追うようにして(本当は一緒に行くか?と誘って頂いたが付き合い始めたばかりの彼女がいて、そちらを優先^^;普通そうしますよね?(しないか)後に遠距離恋愛になるが破局。けっこう頑張ったつもりだったが・・・遠恋は厳しいど)1992年に上京。山木康世氏主催の「山木倶楽部」にペータ氏共々参加させて頂き、プロ活動を開始する。

 

 

 

1993年、山木氏プロデュースによるファーストCD「夜の森」をリリース。全国でライヴ活動を行う。

 

 

 

 1996年、思うところがあり帰郷。その後は不定期でライヴ活動を行うも、一時期長いブランクがあった。ソロ・ギターは止まったら終わりだし、裸でやっているようなもの。人間性まで簡単に見透かされている...と思うとライブをする事が怖くなる。しかしライブ演奏を聴きたいと言って下さる方が少なからずおり、仲間にも尻をたたかれ2010年頃より又少しずつライブを再開する。

 

 

 

 

授かった才能は自分の為のものではない。それを使わないのは罪に等しい。自分のする事で誰かが喜んでくれるというのは人生最高の喜び。年を取って、そんな思いに至る。若い頃には決してわからなかった事。と考えると年を取る事もあながち悪い事ではありません。

 

 

 

そして2012年5月1日。19年の長い沈黙を破りセカンドアルバム「HAPPINESS IN THE BLUE SKY」をリリース!マジで「幻のギタリスト」になるところを寸でのところで回避。アブネ~。

 

 

 

2012年12月11日にはFM North Wave 「須磨智子のSMILE MARCHE」の北海道のミュージシャンを紹介するコーナー「地産地奏音楽館」に出演させて頂きました。

 

 

終わらない「夢」の続きの始まりです!

 

 

 

そして2018年6月3日、3rdアルバム「あかね色」リリース!

 

 

 

2018年8月22日、FM North Wave 「L」に、またまたゲストに呼んで頂きました。感謝!!

 

 

 

「夢」はまだまだこれから!!